梅を干す、そして漬ける

梅干しのもとになるウメは、バラの一種で、野菜というより果物の一種にあたる。

梅干しもそもそも果物としてではなく、漢方薬の一つとして作られたことと、梅酢を作る時に出来た副産物でもあり、結果様々な効果効能があるので広く愛された偶然の果物でもある。
梅干しは果物の一種を漬け込んだものでありながら、ドレッシングにすると、野菜サラダにとっても合うし、ほかにも紫蘇巻きにお米、など野菜と合わせても遜色ない果物。
組み合わせの万能という意味ではとても広く愛されてるでしょう。野菜だけではなく梅クラゲとか梅イカとか、通販でも人気になるほどに梅の詰め合わせなど手広く販売していたりします。
通販では和歌山県産の紀州南高梅がとても人気で加工食品、漬物として常に上位に来ています。

梅干しは健康食品としても広く使われていて、ダイエット、妊娠時のミネラル、ナトリウム摂取。さらには保存のきく栄養食として通販でも売られてます。
そもそも漢方薬からの流れで梅干しは広まっていて、保存食としても大昔の梅干しが現在になっても食べられることから、強く重宝されているそうでした。
最近の通販で梅干しとして売られているもののほかには梅漬けなど、少しだけ加工方法が違うものも多く売られていて、梅のシェアは日本中心に大きく広がっているようです。

何にでも合いやすいウメは果物の中でも特に野菜に近い果物なのかもしれないですね。スイカも似たような位置だった気がしますが。漬物にしたら美味しいところとか。

LINK LIST

Calendar
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Category
  • カテゴリーなし
Archive